ホーム

ビニールハウス
パイプハウスの内部
ビニールハウス
vinyl_house-001
vinyl_house-002
vinyl_house-003
previous arrow
next arrow

農業用ハウス栽培を導入することで、天候の変動により発生する農作物の影響を低減でき、安定した収穫が期待できます。農業用ハウスの最大の利点は、栽培する作物に最適な温度、湿度や水分量などを管理できる点です。これにより、収穫時期をずらした栽培するすることができますので、作物を高値で出荷することが可能となります。

株式会社雄建社は、農作物栽培用のビニールハウス・プラスチックハウスやガラスハウスの設計や施工全般を行っています。

農業用ハウスの設計施工、張替え、修理、解体等何でもご相談ください。

ハウスの特徴

ビニールハウス

一般的にビニールハウスと呼ばれるものは、被覆材料に、農業用ポリ塩化ビニルフィルム(農ビ)が使われていることが多いです。

比較的安価で透明性が高いのが特徴です。

ビニールハウス

プラスチックハウス

プラスチックハウスと呼ばれるものは、ポリオレンフィルム(農PO、農ポリ)を被覆資材として利用しているハウスのことを指します。

赤外線吸収剤を配合して保温性が高くなっています。

ガラスハウス

ガラスハウス

ガラスハウスはガラス板を被覆資材に使用します。可視光線から近赤外線域までの透過が高く、遠赤外線域の吸収率も高く保温性に優れています。

また、被覆資材の劣化に伴う張替え等のメンテナンスが必要ないという特徴があります。

ガラスハウス
タイトルとURLをコピーしました